平和主義の喧嘩獅子

木越町の獅子舞の活動の紹介と連絡のためのブログです。 ご要望はページ左下のメールフォームから連絡ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

盆踊り

明日で7月も終わり、いよいよ8月に入ります。
青年団の大きな行事の一つに盆踊りがあります。
娯楽の少なかった昔と違って、今は趣味趣向が雑多に分かれていますので、
盆踊りも、昔ほど大きなイベントではなくなっているかもしれません。

そうは行っても用意する側には、十分手間のかかるイベントですし、
やはり沢山の人に参加してもらいのが人情です。

やはり、子供が来たがるようなイベントであることが重要でしょう。
そうすれば、お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんも自然と参加します。
お金がかからずに、なおかつ広い世代が楽しめるような企画ってないもんですかね?
スポンサーサイト
  1. 2007/07/30(月) 19:11:04|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

獅子舞の歴史

少し古い話題で恐縮ですが、7月8日の北国新聞で加賀獅子が取り上げられていました。
この記事の写真が、百万石行列の城址公園での演技のときの木越喧嘩獅子だったので、
印象に残っている方もいらっしゃるかもしれません。

2007_07220001.jpg


#余談ですが、近くで見るとボロボロのデカ蚊帳も、写真や映像で見ると
#赤い色が強調されて、とてもきれいに見えます。

金沢の獅子舞の特徴でよく言われるのが、大きな獅子頭と蚊帳ですが、
もう一つの特徴として「獅子殺し」があるそうです。
確かに、昔からTVでやっている獅子舞と言うと、正月に一人で舞う縁起物という印象が強いのですが、
金沢の獅子舞は、獅子を退治する(殺す?)形式をとっています。

新聞記事ではこの点も取り上げられていて、
 『加賀藩が有事に備えて、農民や町民に武芸を習得させるために「獅子殺し」の形式にしたのだ』
という説を取り上げています。
(ただ、『かって一向一揆の拠点となった加賀で、町民に武芸の習得を奨励させるだろうか?』
という疑問つきでしたが)

演技の形式一つをとっても謎が多い獅子舞、なかなか興味は尽きません。
  1. 2007/07/22(日) 19:57:44|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北陸伝統芸能祭り

7/14,15の2日に渡って北陸伝統芸能祭りが行われましたが・・・。

すいません、私行けませんでした。
土曜日は元から用事があって行けなかったのですが、日曜日は直前の用事が延びてしまい、
木越に戻ってきたのが6:40。開園が7:00ですから、これはどうしたって間に合いません。
(しかも、木越の出番は初っ端だったし)

というわけで、ここを見ている方で参加された方、誰でも良いのでレポートください。
お願いします。

  1. 2007/07/16(月) 11:46:31|
  2. 報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

公演前日の練習と準備

明日明後日と行われる北陸伝統芸能祭りに向けて、最後の練習が行われました。
土曜日が仕事のメンバーが結構多く、人数のやり繰りに苦労しているようです。
(特に棒方は人数が揃わず、同じ人間が何度か振るとのこと。ご苦労様です)

2007_07130003.jpg

いつも楽しそうな囃子方。メインメンバーが揃っています。

2007_07130004.jpg2007_07130006.jpg

真剣の練習の様子。
真槍担当のメンバーが来られなかったため、急遽保存会のOBが槍を振るっています。

今日は練習を早めに切り上げ、明日の準備のために集会所に移動しました。

2007_07130011.jpg2007_07130012.jpg

集会所でごろ寝(?)している獅子と、荷物部屋から衣装を用意しているメンバー。

2007_07130016.jpg2007_07130015.jpg

左は、丁寧に畳まれた前掛け。
一瞬、何が畳まれているのかよくわかりませんでした(正体がわかってびっくり)。
右は、用意された衣装。法被と前掛けのセットが用意されました。

2007_07130018.jpg2007_07130019.jpg

こちらは、公演のための道具を集めたところ。
左は蚊帳を支える竹の骨組み。
右は演奏のための太鼓。

2007_07130020.jpg

真剣の演技で使う刀を磨いているところ。フラッシュが反射して妙な迫力があります。
刀身から鍔まで念入りに磨いています。

2007_07130021.jpg

参加メンバーの調整をしているところ。
獅子方、棒方、囃子方、それぞれ誰が参加できるか確認しています。
参加メンバーを確認するだけでなく、会場の観光会館までの移動手段も悩みの種です。

いよいよ明日が本番。
台風が近づきつつありますが、それを吹き飛ばすくらいにがんばりましょう。
  1. 2007/07/13(金) 23:11:17|
  2. 報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台風が・・・

天気予報では、台風が日本列島を直撃コースで近づいていますね。
今週の公演は屋内での演技ですが、この北陸伝統芸能祭り自体が、
北陸の観光旅行のイベントなため、例えばツアーが遅れたり中止になったりしたら、
やっぱり芸能祭りも中止になっちゃうんでしょうかね?

はてさて、どうなることやら?

  1. 2007/07/13(金) 17:45:45|
  2. 報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

週末に向けての練習

週末の公演に向けて、青空遊園で獅子舞の練習が行われています。
みんな経験を積んでいるとはいえ、やはり舞台で演技するときには
それなりの打ち合わせが必要です。

まあ、毎度何とかしてきましたから、今回も大丈夫でしょう。
それよりも、当日メンバーはちゃんと揃うのでしょうか?
棒方が出られない人間がいるようなことを言ってましたが・・・。
  1. 2007/07/10(火) 22:38:56|
  2. 報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あさの町からの刺客

昨年の10月に運動会で公演を行った浅野町の獅子舞保存会の方がいらっしゃいました。
(去年の公演についてはこちら

獅子舞の活動を本格的に始めるために、木越に勉強に来られたそうです。
木越のほうも、今週の土日に行われる「北陸伝統芸能祭り」の練習があったため、
ちょうどよいタイミングでした。

2007_07080005.jpg

何しろ一から始めるということで、獅子方、棒方、囃子方の全部をやる必要があります。

2007_07080007.jpg

こちらは棒の指導の様子。
木越の人間は小学生の頃から棒振りの練習をしているので、薙刀で切る動作も
何でもない普通の動作なのですが、やったことのない浅野町の方々は
薙刀を振り回すのに悪戦苦闘されていました。

2007_07080009.jpg

こちらは囃子方。
篠笛では、可愛らしい中学生の女の子が練習をしていました。
奇麗な音が出るようになると大喜びしていたのが印象的でした。

2007_07080012.jpg

保存会会長自らが手を取って、薙刀の振り方を教えています。
今の時代、薙刀の一つも触れないと先端技術から取り残されてしまいます(謎)。

2007_07080013.jpg

保存会会長が振ったのと同じように振った(つもり)なのですが、
なかなか奇麗にきまりません。こればかりは練習あるのみです。

今年から獅子舞を復活させるという浅野町の方々。
実際に演技するまでは悪戦苦闘するとは思いますが、頑張ってください。

  1. 2007/07/08(日) 21:49:34|
  2. 報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今後の予定

7月 14、15日 北陸伝統芸能祭り
  場所:金沢歌劇座(観光会館)
  時間:19:00開演

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

でんべどん

Author:でんべどん
囃子方で篠笛を吹いてます。
若い衆の元気を分けてもらいながら獅子舞を楽しませてもらってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

FC2カウンター


無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。