平和主義の喧嘩獅子

木越町の獅子舞の活動の紹介と連絡のためのブログです。 ご要望はページ左下のメールフォームから連絡ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今年を振り返って(ハワイ編-日本での準備の巻)

前回に引き続き、ハワイ編。
さて、参加できるメンバーが固まってくると、始まるのが練習です。

棒方はメインメンバーのほとんどが参加可能なため、特に問題はありませんでした。

獅子方は、蚊帳持ちが若干足りないものの、それは棒方のメンバーで
サポートすることになりました。
しかし、獅子頭の持ち手でベテランと言える人間が1名しかおらず、
他は経験の少ない若手が主体。若干の不安は残りますが、
そこは渡航までの期間の猛練習でカバーです。

囃子方は、太鼓2名+1、三味線2名までは良いのですが、
篠笛が2名しか揃いません。他の楽器もいろいろやりくりした上での
配置のため「空いた人間が篠笛に回る」のは難しい状態でした。
不幸中の幸いだったのは、この2名は第二次のフランス遠征に参加した人間で
経験が豊富だったため、演奏そのものには不安がなかったことでした。

そんなかんじで、練習の開始です。
町内のお祭りで演技するのとは違って、観客の目を意識する必要があります。
具体的には
 ・蚊帳がなるべく大きく見えるように、前後に大きく陣取る
 ・棒の演技が沢山の人に見えるように、大きく、そして見えやすい位置に移動する
 ・獅子の迫力ある顔がよく見えるように、顔の向きを注意する


という点です。
町内での演技は、基本的に狭いところで比較的近い場所に観客がいることが
前提のため、この3つを意識する必要はありません。
そのせいか、演技する人間も中々上のことが守れませんでした。

しかし、練習を繰り返すにつれ、広い場所で演技するための『型』のようなものが
固まっていき、渡航前にはほぼ前述の3点が守れるようになっていきました。

(更に続きます)
スポンサーサイト
  1. 2006/12/12(火) 22:29:28|
  2. 報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今年を振り返って(ハワイ編-日本での準備の巻-2) | ホーム | 今年を振り返って>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kenkashishi.blog77.fc2.com/tb.php/19-a7c0d536
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今後の予定

7月 14、15日 北陸伝統芸能祭り
  場所:金沢歌劇座(観光会館)
  時間:19:00開演

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

でんべどん

Author:でんべどん
囃子方で篠笛を吹いてます。
若い衆の元気を分けてもらいながら獅子舞を楽しませてもらってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

FC2カウンター


無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。