平和主義の喧嘩獅子

木越町の獅子舞の活動の紹介と連絡のためのブログです。 ご要望はページ左下のメールフォームから連絡ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今年を振り返って(ハワイ編-ハワイで公演の巻)

何とか年内に、ハワイ公演のエントリは終わらせたいとがんばっています。

さて、到着して2日目。
1日目の観光旅行のおかげで時差ボケも克服し、清清しい朝を迎えました。
00_DSC02058.jpg
ベランダから撮った風景。
我々の泊まったアイランドコロニーホテルは、市内を流れるアラワイ運河のすぐそばにあります。
昼間は、競技用のボートがいたり、ジョギングする人たちなどで何とも平和な風景です。

ちなみに、夜は麻薬の受け渡しが行われたりなど、結構危険な場所らしいです。
ツアーガイドの本田さんから、『夜は近づかない方がいい』と注意されました。
実際、真夜中にホテルの近辺にパトカーが数台、サイレンを鳴らして集まっていました。
(何があったんだろう?)

この日は朝から公園があるため、みんなで最初の公演を行う場所である
ハワイコンベンションセンターへ向かいました。ここは石川県で言うと産業展示館のような場所です。
(規模はもっと大きいですが)
20061228192124.jpg
こちらがロビー。
この写真の後ろ側にも小型の舞台があります。

20061228192130.jpg20061228192136.jpg
こちらが舞台と観客席。幅は少し狭いですが、意外と奥行きがあったため、
比較的獅子は動きやすかったように思います。

20061228192142.jpg01_02_DSC02062.jpg
こちらは展示物。ホノルルフェスティバルはハワイの日系人の方が主体の企画で、
日本のいろいろな文化を紹介する目的もあります。

01_02_DSC02063.jpg20061228192202.jpg
他にもねぶたやお神輿などが飾ってありました。
右の写真の人は何故仁王立ちなんでしょうか?

20061228192208.jpg
こちらが屋内のゲート。竹製です。

01_03_DSC02060.jpg
出番の前のリハーサルの様子。
実は、獅子舞の公演はギリギリの人数で行っていたため、公演中の画像がありません。
(メンバのまーちゃんがビデオで撮っていますが、ファイルをまだもらえません。
ということで、他の出し物をご覧下さい。

01_04_DSC02066.jpg
多分東南アジアの人だと思うのですが、ちょっと正確なところがわかりません。
優雅に踊ってました。

01_04_DSC02067.jpg
こちらはオーストラリアのアボリジニ(先住民)の人たち。
見た目は怖いメイクですが、気さくで陽気な人たちだそうです。
(ちなみに口にくわえているのは楽器だそうですが、管楽器なのか打楽器なのかよくわかりません。)
かなりインパクトがあるため、HPやブログでホノルルフェスティバルに触れていると、
必ずこの人たちのことが出てきます。

01_04_IMGP0093.jpg
こちらは岩手県花巻市の春日流葛上ノ山鹿踊り保存会

ここから下はロビーの小型舞台での公演でした。

01_04_IMGP0094.jpg
こちらは南京玉すだれ
知らない人はいないと思いますが、私は生で見たのは今回が初めてです。

01_04_IMGP0096.jpg
こちらは同じ石川県の「沙中金翔湖焔舞隊(さちゅうきんしょうこえんぶたい)」。
踊りもさることながら、大漁旗を振り回すところが見ものです。
が、このロビーの舞台は狭すぎて大漁旗は観客席の横で振り回していました。

01_IMGP0092.jpg
こちらは地元ラジオ局から取材を受ける団長。
みんなニヤニヤ笑いながら遠巻きに団長を見守っていました。
しかし、放送時期は我々が帰国してからだそうです。残念

さて、午前中のコンベンションセンターでの公演終了後、アラモアナショッピングセンタ
移動し、2回目の公演を行いました。

02_DSC02069.jpg
こちら、その公演を行った舞台。
アラモアナショッピングセンタ内には、このようなイベントのために舞台があります。
(ちゃんと裏に音響室や控え室がある本格的なもの)
ここは3階建ての建物が吹き抜けになっていて、公演中は各階のギャラリーから
見られることになりました。
ちょうど昼時だったため、かなりのギャラリーがいましたが、
獅子の公演が終わったときは拍手喝采でした


ちなみに、ここでは河内菊水丸さんたちが来ていて公演を行っていました。
順番から言うと菊水丸さん方が先なので、
 「木越喧嘩獅子の前座を河内菊水丸に務めてもらった
ことになりますな(←偉そう)。

02_DSC02071.jpg02_DSC02070.jpg
こちらは出番までの待機場所で鎮座されます獅子頭と、地元の方から色々と
質問攻めに合っているメンバです。
例によって、人数が足りないために、残念ながら公演中の写真がありません。
(メンバのまーちゃんがビデオで(以下略)

2回目の公演も2時ごろの終わり、遅い昼ごはんを食べることになりました。
03_DSC02073.jpg03_DSC02074.jpg
03_DSC02075.jpg03_DSC02076.jpg
こちら。ボリュームたっぷりのお肉やハンバーグ、ロコロコ、エビなどです。
普通においしかったと思います。

昼食の後は、三々五々、フリータイムとなりました。
買い物に行ったりした人もいるようですが、やはり、ハワイに来たからには
に行くしかないでしょう。

ということで行ってきました、ワイキキビーチ

20061228192326.jpg20061228192331.jpg
04_IMGP0100.jpg04_IMGP0101.jpg
メンバーが時間違いにビーチに行ったので、写真は昼のものと夕方近くのものが混じってます。
陳腐な言い方ですが、とてもきれいな海です。
しかし、前日に観光案内をしてくれたジョージによると、ハワイの砂はどんどん
外海に流されていくため、定期的に砂を補充しないとビーチが侵食されてしまうそうです。
(千里浜と同じですね)
そのため、ハワイでは毎年数万トンにもおよぶ砂が補充されているそうです。
それを考えると、この景色の感想もちょっと複雑です。

20061228192336.jpg20061228192342.jpg04_IMGP0104.jpg
海で戯れるメンバー。
真ん中の写真のポーズが意味不明素敵です。

04_P1000068.jpg
ビーチの近くの公園にある木。
ついつい
 『このー木何の木♪
を歌いたくなります。

20061228192411.jpg20061228192417.jpg20061228192422.jpg
夜は飲まんといかん!!
とばかりに、ホテルの一室に集まって飲んでます。
実は、向こうではアルコールの購入は意外と面倒です。

ハワイ(というかアメリカ)では未成年者へのアルコールの販売は法律で厳しく禁じられています
そのため購入するときに、見た目が若そうな人は、身分証明書で年齢の証明が必要です。
しかし、欧米人から見ると日本人はみんな若く(幼く)見えるらしく、必ずパスポートの提示を
要求してきます。
20代半ばの髭がボウボウのメンバーでさえ、パスポートを求められました)
そのことを知らないでホテルにパスポートを置いてきたメンバーは、ビールを買い損ねていました

05_P1000070.jpg
シチュエーションはわかりませんが、表情がおもしろかったので載せてみました。
何か変な味のカクテルでも飲んだんでしょうか?

05_P1000085.jpg
ホテルからの夜景。光の密度が金沢とは比べ物になりません。

こうして、2日目の夜は更けていきました。
スポンサーサイト
  1. 2006/12/28(木) 21:08:56|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今年を振り返って(ハワイ編-ハワイで公演の巻-2) | ホーム | 今年を振り返って(ハワイ編-ハワイに到着の巻-2) ⇒ 今度こそ!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kenkashishi.blog77.fc2.com/tb.php/24-455149b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今後の予定

7月 14、15日 北陸伝統芸能祭り
  場所:金沢歌劇座(観光会館)
  時間:19:00開演

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

でんべどん

Author:でんべどん
囃子方で篠笛を吹いてます。
若い衆の元気を分けてもらいながら獅子舞を楽しませてもらってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

FC2カウンター


無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。