平和主義の喧嘩獅子

木越町の獅子舞の活動の紹介と連絡のためのブログです。 ご要望はページ左下のメールフォームから連絡ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

民謡華絵巻に特別出演しました(本篇2)

さて、昨日からの続きです。

長い長い出番待ちを競馬新聞を読んだり、昼寝をして有意義に(?)過ごした後は、いよいよ舞台での本番です。
今回は、出番が5分という非常に短い時間だったため、
「なぎなたと真剣連続でいくから」
くらいしか打ち合わせがありませんでした(それも出番の1分前に聞かされたわけですが)。

2008_06080031.jpg2008_06080032.jpg

こちらは舞台の袖。
蚊帳を組立て、三味線は最後の調律を行っています。

2008_06080036.jpg2008_06080037.jpg

準備完了。いつでも出られるように待機状態です。
なお舞台では他の団体の発表が続いているため、デジカメもフラッシュが焚けませんでした。
写真が見にくいのはご容赦ください。

2008_06080039.jpg2008_06080040.jpg

舞台の袖から見た他の団体の発表の様子。ひとつ前の団体はスモークを焚いてました。
あれは結構かっこよかった。木越の獅子舞もいつかスモークの中で演技してみたいものです。

2008_06080043.jpg2008_06080044.jpg

本番。例によって、篠笛を吹いている途中でかろうじて2枚だけ写真を撮りました。
舞台から見ていると観客が全然見えないので、正直全然緊張しませんでした。

2008_06080046.jpg

終了。観客席からの大拍手を聞きながら、舞台の袖で撤収を進めています。

2008_06080051.jpg
2008_06080053.jpg2008_06080052.jpg2008_06080050.jpg

木越へ戻って慰労会。
前回の小矢部での公演の時は、時間の都合で慰労会ができなかったそうなので、今日はそれも兼ねての宴会です。

2008_06080049.jpg

なかなかうまそうな料理です。

2008_06080057.jpg

「うれしいワイン」
飲んだ人が一様に微妙な表情をしていたのは何故なんでしょうか?
この日の慰労会は2時間ほどでお開きとなりました。

2008_06080059.jpg2008_06080060.jpg

入院予定の獅子頭。
これまで、いろいろな場所で公演をしてきましたが、かなり傷だらけとなったために、購入した時と同じ金額を払って
補修を行うことになりました。
よっぱらった青年団がいろいろと振り回したりぶつけたりして、あちこちのガタがきているそうです。
まずは、ゆっくりお休みください。

さて、次回は、8月の下旬に都ホテルで留学生を対象とした催しもので獅子舞を演技するそうです。
この催しものは、「木越ご指名」だったそうです。
次回もよい演技を見せましょう。
スポンサーサイト
  1. 2008/06/10(火) 19:51:03|
  2. 報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小矢部市獅子舞連合会のブログで紹介されました | ホーム | 民謡華絵巻に特別出演しました(本篇)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kenkashishi.blog77.fc2.com/tb.php/70-c07982e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今後の予定

7月 14、15日 北陸伝統芸能祭り
  場所:金沢歌劇座(観光会館)
  時間:19:00開演

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

でんべどん

Author:でんべどん
囃子方で篠笛を吹いてます。
若い衆の元気を分けてもらいながら獅子舞を楽しませてもらってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

FC2カウンター


無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。